時宗青年会全国大会 古賀稔彦講演会 

時宗総本山遊行寺において、時宗青年会全国大会が行われ、全国の青年僧が集まり、大施餓鬼法要が盛大に執り行われました。
総本山遊行寺での施餓鬼法要は、大本堂(関東最大の木造建築)に青年僧の厳かな声明が響き渡り、素晴らしい法要となりました。
時宗の声明は、節が独特で唄をうたっているように聞こえるものです。時宗の声明を聴ける機会があったら、ぜひ一度聞いていただきたいです。
その後、バルセロナオリンピック金メダリストの古賀稔彦先生による講演会があり、ソウルオリンピックでの挫折から、バルセロナオリンピックで試合直前に大怪我をしたにも関わらず金メダルを獲得したお話や、金メダルを獲った選手に共通する考え方など密度の濃い貴重なお話を聞くことができました。
『自分の欠点を素直に認め、その欠点を一つずつ減らしていく挑戦をすることが大事だ』
と、仰っていました。世界一になった方の言葉。重みが違います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です