【早すぎ】三春の桜【満開】

一気に開花して、満開を迎えている三春の桜ですが、
あまりにも早い開花で三春町内がテンヤワンヤになっております。

法蔵寺でも、蓮の植え替えと展覧会の準備と桜の準備がいっぺんにに来て、大慌てで作業を進めています。

三春には滝桜の他にも、たくさんの立派な枝垂桜が点在しています。
ぜひ散策して、ご自分のお気に入りの一本を見つけていただきたいです。

 

 

【内閣総理大臣賞】上村 五龍 展【書道篆刻家】

日 時:4月7日(土)~26日(火)9時~16時
会 場:法蔵寺 本堂 書院
料 金:無 料

 

上村五龍 略歴
昭和四年 新潟県十日町生まれ
元毎日書道展会員
元全日本篆刻連盟評議員
日本書道教育会参与

【受賞歴】
内閣総理大臣賞
中国大使賞
石橋犀水賞
六十年記念賞
六十五周年記念賞
昭和蘭亭印集分刻
新潟県展奨励賞四回
創玄書道展準大賞
日展入選二回

【出 展】
平成二十六年 モナコ公国・日本芸術祭出陳
平成二十七年 ミラノ国際博覧会・日本館出陳
「アートメゾン・インターナショナル19」に掲載

石橋犀水先生・石橋鯉城先生・高橋晤堂先生
関 正人先生・松丸東魚先生に多大の益を受ける。

 

〒963-7765 福島県田村郡三春町字荒町169

電 話  0247-62-2637

メール  toiawase@houzouji.com

【内閣総理大臣賞】上村 五龍 展【書道篆刻家】

書道篆刻家 上村 五龍 展  【浄土三部経】

日 時:4月7日(土)~26日(火)9時~16時
会 場:法蔵寺 本堂 書院
料 金:無 料

 

新潟県出身の書道篆刻家上村五龍先生(昨年逝去)の展覧会を開催します。
篆刻(テンコク)とは、石や木に文字を刻むことです。
主に書道の落款や冠昌印に用いられることから書道の一つのジャンルになっています。

今回の上村五龍先生の展示会では、浄土三部経(無量寿経、観無量寿経、阿弥陀経)を篆刻で印した巻物が法蔵寺本堂で展示されます。

浄土三部経は、浄土教(浄土宗、浄土真宗、時宗)の根本経典であり、我々がお称えしているお経はこの浄土三部経の一部をお称えしています。
なぜ「一部」かと言うと、すごく長い、からです。
そのすごく長いお経を上村先生は、篆刻で表現されました。

長すぎて法蔵寺本堂では広げきれない程の超大作です。

住職としましては、篆刻の浄土三部経を法蔵寺本堂で展示できることは、これ以上ありがたいことはないと思っています。大変意義深いものです。

本当にまたとないことですので、ぜひ足を運んでいただきたく思います。
お待ちしております。

浄土三部経のほか、書道作品、篆刻作品も展示しております(書院にて)

 

上村五龍 略歴
昭和四年 新潟県十日町生まれ
元毎日書道展会員
元全日本篆刻連盟評議員
日本書道教育会参与

【受賞歴】
内閣総理大臣賞
中国大使賞
石橋犀水賞
六十年記念賞
六十五周年記念賞
昭和蘭亭印集分刻
新潟県展奨励賞四回
創玄書道展準大賞
日展入選二回

【出 展】
平成二十六年 モナコ公国・日本芸術祭出陳
平成二十七年 ミラノ国際博覧会・日本館出陳
「アートメゾン・インターナショナル19」に掲載

石橋犀水先生・石橋鯉城先生・高橋晤堂先生
関 正人先生・松丸東魚先生に多大の益を受ける。

 

 

初不動尊祭礼

2月28日、今年も初不動尊祭礼が行われました。
ご隠居も導師としてお勤めさせていただき、不動講皆様と楽しい時間を過ごせました。
不動講中の皆様の、厄除招福、家内安全、交通安全、商売繁盛、身体健全、病気平癒を祈願しました。
その後、博多美保子さまの琵琶の演奏と辻ご一家の空手の披露をしていただきました。
恒例の直会でもいつもの盛り上がりでした。

念仏講数珠繰り 春彼岸

法蔵寺念仏講数珠繰りを行いました。
まずお経の読み方、簡単な意味の説明をしてから、阿弥陀様への感謝とご先祖様へのご回向をしました。
六波羅蜜、四苦八苦のご法話をしました。
お釈迦様の教えを身近に感じてもらえればありがたいです。

法蔵寺はいろいろ行事が多いお寺ですが、念仏講の皆さんにはいつもお力添えをいただいており、法蔵寺の護持にはなくてはならない存在です。
いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。